復興支援を騙る詐欺 日本赤十字社の職員を名乗る手口に注意

2014.03.25


被災地では復興工事車輌が行き来しているが…【拡大】

 東日本大震災から3年が経つ。しかしながら、なかなか思ったように復興が進まない現状に、心を痛めている人も多いだろう。大地震の直後に、震災に便乗するような詐欺が横行したが、今もなお善意を利用した騙しの手口は後を絶たない。

 昨年、80代の女性宅に男から「地震で被災した学校に機械を寄付したいので、名義を貸してほしい」との電話があり、女性は了承した。1週間後、注文を受けたという会社の男から連絡があり、名義貸しは問題なので、警察沙汰になるなどと脅されて、女性は450万円を払ってしまった。

 これは名義貸しを電話で依頼し、相手の同意を取り付けた後に、違法行為をしたなどと言いがかりをつけて解決金の名目で金を騙し取る特殊詐欺の手口である。

 このほかにも、80代男性は児童養護施設の職員を名乗る人物から「震災孤児のための施設の開設をしたいので、協力してほしい」という依頼の電話を受けて、250万円をだまし取られている。

 私たちは震災の復興支援という言葉を聞くと、どうしても警戒心が緩くなりがちであるが、この言葉に誘われて、見ず知らずの相手にお金を渡すことがないようにしたい。

 こうした詐欺は電話によるものだけでない。昨年、日本赤十字社の職員を名乗る50代の男がラーメン店経営者に対して30人ほどの宴会予約をした上で「大震災の復興支援に行く学生の交通費を寄付してほしい」と言い、9000円をだまし取ったとして、警視庁により逮捕されている。

 この男は日本赤十字社の名前が入った封筒を見せるなどして相手を信頼させる手口で、複数人から寄付金を搾取していた。今後も、復興支援への気持ちにつけいるような詐欺が起こりうるので十分に気をつけたい。

 ■多田文明(ただ・ふみあき) 1965年生まれ。ルポライター。詐欺・悪徳商法を数多く潜入取材。洗脳・カルトにも詳しい。新著『迷惑メール、返事をしたらこうなった。』(イースト・プレス)刊行。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!