小保方さん窮地「訴訟も選択肢の一つ」 理研が論文の取り下げを勧告 (1/2ページ)

2014.05.08


再調査を拒否した理研にガッカリの小保方氏【拡大】

 新型万能細胞「STAP細胞」の論文問題で、理化学研究所は8日、研究不正を認定した小保方晴子氏(30)の不服申し立てについて、再調査を行わない方針を決定し、論文の取り下げを勧告した。今後は、内部の懲戒委員会で小保方氏の処分が検討される。小保方氏サイドは猛反発しており、法廷闘争が現実味を帯びてきた。

 論文不正問題を調べていた調査委員会が7日、理事会に再調査しない方針を伝え、理事会が8日に承認した。

 代理人の三木秀夫弁護士によると、8日朝に理研から再調査しないとの連絡を受けた小保方氏は、非常にショックを受け絶句していたという。

 三木氏は同日、「非常に不服」と語り、不満をあらわにした。7日には「拙速で粗雑な扱いには、深い失望と怒りを感じる。(今後の対応は)訴訟も選択肢の一つ。長い目で彼女の研究生活を考えないといけない」と語り、法廷闘争に入る考えも示唆した。

 調査委の委員の論文に次々と疑義が浮上し、形勢が逆転したかのように思われていたが、小保方氏はいよいよ窮地に追い込まれた。再調査しないことが決定したことで、今後は懲戒委員会が、小保方氏の不正行為について処分内容を検討する。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!