STAPはやっぱりES細胞? 小保方さんの研究自体にも疑惑の目が… (1/2ページ)

2014.06.16


小保方氏(左)と若山氏【拡大】

 理化学研究所の小保方晴子・研究ユニットリーダー(30)が作製した新型万能細胞「STAP細胞」は、“別物”説が一段と強まってきた。STAP細胞を基に作ったとされる細胞の遺伝子を第三者機関が解析したところ、別の万能細胞である胚性幹細胞(ES細胞)の標準的な特徴の一部が確認された。小保方氏が、論文だけでなく研究自体も、故意に捏造した可能性が浮上。疑惑の目はとどまらない状態だ。

 第三者機関に解析を依頼した論文共著者の若山照彦山梨大教授が16日、記者会見して発表。小保方氏は2011年4月〜13年2月まで理研内にあった若山氏の研究室に所属し、11年11月にキメラマウスの作製に成功した。STAP誕生時に最も近い存在だった“オトコ”が、小保方氏の不正に斬り込む。

 解析したのはSTAP細胞に増殖能力を持たせた幹細胞。小保方氏が論文で使用した8株を若山氏も保管していた。論文では、紫外線を当てると光る緑色蛍光タンパク質(GFP)の遺伝子を18番目の染色体に組み込んだマウス同士を掛け合わせて作製したと記述されていた。

 ところが第三者機関が解析した結果、GFPの遺伝子は8株の全てで15番目の染色体に組み込まれており、論文の記述と矛盾していた。ES細胞は、この遺伝子を15番目の染色体に組み込んだものが標準的なタイプとして広く使われており、関係者は「STAP細胞がES細胞由来だった疑いが一層強まった」と指摘している。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!