自身の局部を3Dで印刷して配布 お縄の自称芸術家「ろくでなし子」 (1/2ページ)

2014.07.15


自分のアソコを芸術作品に仕立てていた「ろくでなし子」こと五十嵐容疑者 (ホームページから)【拡大】

 3D(3次元)プリンターで印刷すると女性器の造形物になる。自身のそのデータを配布したとして、警視庁保安課にわいせつ電磁的記録頒布の疑いで逮捕された「ろくでなし子」の名で活動する自称芸術家、五十嵐恵容疑者(42)=東京都世田谷区。「デコまん」と名付けた女性器の型取りアートで注目を集め、最近ブレーク中のプチ有名人だった。自身のアソコをめぐって警察からよもやのお灸。その顛末は…。

 保安課によると、3Dデータをわいせつ物と認定して立件するのは全国初。データは数字や文字の羅列だが、同課は3Dプリンターに入力すると石こうなどで形状を再現できるとして、わいせつ物に当たると判断した。

 逮捕容疑は3月、インターネットを通じて自身の陰部の3Dデータを香川県の男性会社員(30)に配った疑い。

 五十嵐容疑者は、女性器をかたどったボートをつくるため資金を募っており、応じた男性に見返りとしてデータを提供、全国から約100万円が集まったという。同課によると「(女性器は)私にとって手足と一緒と思っている。データがわいせつとは思わない」と否認している。

 五十嵐容疑者は、整形した自身の女性器を披露するため、型取りアートの「デコまん」を作成するようになった。2012年には、コミックエッセー『デコまん アソコ整形漫画家が奇妙なアートを作った理由』(ぶんか社)を出版、国内外のメディアに取り上げられた。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。