池上彰氏を直撃「朝日連載を夕刊フジで」に「お気持ちはわかりますが…」

2014.09.04


池上彰氏【拡大】

 朝日新聞のコラム掲載拒否騒動で渦中のジャーナリスト、池上彰氏を夕刊フジは3日昼、電話で直撃していた。

 −−(国際電話の呼び出し音の後)池上さんでいらっしゃいますか

 「はい、そうです」

 −−いま、海外にいらっしゃるんですか

 「そうです。ウラジオストク(ロシア)に来ています。ご用件は?」

 −−朝日の連載コラム打ち切りを申し出たことが話題ですが、心境は

 「すでに産経新聞と共同通信の取材を受けています。それ以上のことはありません」

 −−いつからロシアへ

 「先週の金曜日(日本時間26日)です。木曜日に連載のことがあって、(朝日に)『じゃあやめましょう』と伝えてすぐに日本をたちました」

 −−ウクライナ情勢の取材ですか

 「ん? ウラジオストクですよ。ウクライナからずいぶん離れているんだから、そうではありません。テレビ番組のロケで来ているのです」

 −−そ、そうですよね。それで、厚かましいお願いなのですが、朝日用のコラムをうちで載せたりなんか…

 「ははは。お気持ちはわかりますが、朝日と私の問題ですからねぇ。それをやってしまうと、筋が違うんじゃないか、ということになる。ちょっとできませんねぇ」

 −−失礼しました! 今後、朝日の連載はどうなるのですか

 「その件があってからすぐにロシアに来てしまったものですから。日本に帰った後で向こうから何か(話が)あるかもしれません。そのお話次第ですね」

 ◇

 コラムは4日の紙面で掲載された。池上氏は帰国後、何を語るのか。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。