瀬戸内海国立公園を高台から満喫 広島県横断の旅

2014.09.12

連載:ライフ


爽やかな風が吹き抜ける尾道千光寺公園展望台【拡大】

 日本初の国立公園として瀬戸内海が登録されてから80年を迎える。その最大の特色は、大小1000にも及ぶ島々が織りなす多島美だ。広島県を横断する旅は、高台から島々を眺めていると体がスッと軽くなり疲れが吹き飛ぶから不思議だ。 (文・写真 板倉あつし)

 【尾道】

 旅のスタートは、広島県を代表する観光地「尾道」から。昭和の香りが色濃く残る商店街を抜け、カフェや雑貨屋を横目に見ながら名物の階段と長い坂を登る。

 千光寺山ロープウエイの山頂駅からすぐ、千光寺公園展望台からは、市街はもとより、尾道水道、向島、山頂には爽やかな風が吹き抜け快感、瀬戸内海そのものがパワースポットだと実感するひと時だ。

 映画ロケの聖地尾道では「転校生」「時をかける少女」「男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎」などのロケ地めぐりも楽しめる。

 【鞆の浦】

 宮崎駿監督が「崖の上のポニョ」の構想を練った地で、ヒュー・ジャックマン主演のハリウッド映画「ウルバリン」のロケ地として脚光を浴びた「鞆の浦(とものうら)」へ。昨年「ミシュラングリーンガイド」で1つ星を獲得したことも人気に拍車をかけているようだ。

 鞆の浦と仙酔島を5分で結ぶ市営渡船「平成いろは丸」の船内には龍馬の写真や資料が展示され240円で往復できる。海からの鞆の浦見物も面白い。基礎からの高さ日本一を誇る「常夜燈」、日本一長い江戸時代からの荷おろし場「雁木(がんぎ)」など見どころもたくさん。

 薬用酒「保命酒」や「鞆 肥後屋」の備後府中みそで煮込んだ「鯛味噌」などグルメにも事欠かない。

 散策のハイライトは、平安時代の創建と伝えられる福禅寺の本堂と隣接する客殿「対潮楼」。朝鮮通信使がその眺望を「日東第一形勝(朝鮮より東で一番美しい景勝地だ)」と称賛して名づけたとの書が残る。

 いろは丸沈没事件の際、海援隊(坂本竜馬)と紀州藩の交渉の場となったのもココ。対潮楼から望む弁天島、仙酔島は絵画さながらの素晴らしさだ。

 【広島市西区】

 広島市内の高台に位置する「厳遊庭」は、厳島(安芸の宮島・厳島神社)と多島美を眼下にうまい魚介やすし、肉料理が楽しめる。昼のコースは2000円。記念日、ハレの日にマッチする高級感が魅力だ。女将の森山千鶴さんのお勧めは「宮島御膳」(4000円)。升目の箱膳に小鉢が9品。

 それぞれ手が掛かっているので詳細を紹介すると、キュウリと白ゴマ入りトコロテン、とろろ入りモズク、だしが浸みた枝豆、しらすとパプリカとトウガンのあえ物、スズキの幽庵焼きジェノバ味、焼き穴子の酢の物、桜エビとトウキビのかき揚げ、トマトサラダ、揚げナスの煮浸し。

 ほかに、穴子の茶碗蒸し、刺身盛り合わせ。おろしポン酢で食べるマグロの赤身・スズキ・ハマチのにぎりには、丸のままのガリが添えられている。

 盛りだくさんの食材にコーヒーとデザート、瀬戸内海国立公園の絶景が付いてくるのだから、満足度は抜群だ。

 【問い合わせ】 「尾道観光協会」「福山(鞆の浦)観光協会」「厳遊庭」「ひろしま観光ナビ」「JR西日本おでかけネット」「全国観るなび」でウェブ検索

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。