コンビニ狙うモンスターカスタマー 「土下座恐喝事件」は氷山の一角 (1/2ページ)

2014.09.16


男性店長らに土下座を強要する様子を撮影した動画の一部(ネットから)【拡大】

 大阪府茨木市のコンビニエンスストアで、会社員の男ら4人が経営者親子らに接客態度に因縁を付け、たばこを脅し取ったとして、大阪府警に恐喝容疑で逮捕された。男らが親子らを土下座させる様子などを撮影し、インターネットで公開したことから事件が発覚したが、コンビニ店業界関係者によると、こうした「モンスターカスタマー」の存在は氷山の一角だという。

 大阪府警によると、逮捕された会社員の男(39)らの知人が今月8日未明、ペットボトルに水を入れるよう男性店長(25)に求め、断られてトラブルになった。

 男らは数時間後に店を訪れ、父親の男性オーナー(51)らに「うちの若い衆が店に車で突っ込む言うとんぞ」「謝るの普通は手ぶらとちゃうわな」などと要求。たばこ6カートン(2万6700円相当)を脅し取ったとしている。

 男らは店の倉庫で店長やオーナーらを1時間半近く脅し、土下座させた様子を撮影してインターネットの動画サイトに投稿。ネット上では「犯罪だろ」「警察に通報しろ」などとの批判が殺到し、男らは翌9日、「ネットで騒ぎになっており怖くなった」として出頭していた。

 コンビニ店などで理不尽な要求をするモンスターカスタマー。日本クレーム対応協会の谷厚志代表理事は「実感として、ここ10年間で倍増している」と話す。

 増加の背景として、店舗の増加によるクレーム対応の教育不足や、留学生アルバイトと客との意思疎通の齟齬などを挙げ、「大手ですら適切な対応マニュアルがないところもある。初期対応を間違えればクレームをネット上にさらされて大きな損害をこうむることもあり、危機管理上の問題になっている」と説明する。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。