御嶽山噴火 首相が自衛隊派遣指示 「被災者救助に全力」

2014.09.27


噴煙が立ち上り、山肌が火山灰に覆われた御嶽山=27日午後2時14分、共同通信社機から【拡大】

 安倍晋三首相は27日夕、長野県と岐阜県にまたがる御嶽山の噴火を受け、被災者救助や登山者の安全確保のため自衛隊の現地派遣を指示した。官邸で記者団に明らかにした。

 首相は、官邸の危機管理センターで状況報告を受けた後、「現時点で負傷者がいると確認されている。なお200人近くが下山中であるということだが、詳細はなお確認中だ」と記者団に述べた。また、「被災者の救助、登山者の安全確保に全力を尽くすよう指示した」と語った。さらに、午後5時からの臨時閣議後、関係閣僚会議を開くことも明らかにした。

 首相は、米ニューヨークでの国連総会出席を終え政府専用機で帰国後、羽田空港からそのまま官邸に直行した。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。