千葉・内房 都心から近い「ふしぎな岬」の舞台

2014.10.03

連載:ライフ


「岬カフェ」【拡大】

 千葉県は東京の隣だが、見どころ多い観光地でもある。東京湾アクアラインを使えば、東京の中心から1時間ほどで、上総・内房観光の玄関口・木更津に到着。10月11日公開の映画「ふしぎな岬の物語」や、19日開催の「ちばアクアラインマラソン2014」の舞台周辺を旅した。 (幾田進)

 【ロケ地巡礼】

 吉永小百合主演の「ふしぎな岬の物語」がモントリオール世界映画祭で賞に輝いて以来、ロケ地巡礼の観光客も増えているとか。岬カフェは、鋸山(鋸南町)のふもと、晴れた日には富士山も見える明鐘(みょうがね)岬のとったんにある。36年間、音楽とコーヒーでお客をもてなしてきた玉木節子さんは、「ラジオでドラマ化され、今度は映画化でさらにうれしい」という。

 カフェは朝10時から夕暮れ時まで、大みそかも元日も年中無休だ。この癒やしの空間にさまざまな人が集まり、中には「自分の家にいる感覚」という有名歌手も。3年前、火災で焼失した店を常連客たちが再建したエピソードは映画と同じ。集まる人々の人間模様を描いた原作「虹の岬の喫茶店」の著者・森沢明夫氏も突然やって来て常連に。

 「7年前、初対面でいきなり“小説にしたい”と言い出しました。以来、毎年正月には必ず見え、小説の読者もよく来ます。みなさんホロリと泣ける話だと言いますね」

 映画を見たら、ぜひこの地も訪れたい。

 【果物狩り】

 温暖な千葉は、いろいろな果物が取れる。変わり種、トマト狩りができるのは、昨年オープンしたカズサとまとガーデン(君津市)。1000坪の温室に6000本のトマトを栽培。「ぜいたくトマト」「トゥインクル」「フルーツイエローEX」など、30分食べ放題500円からで、珍しい体験だ。

 イチジクは皮ごと食べられるのをご存じ? 館山パイオニアファーム(館山市)の「完熟いちじく狩り」は、900円からで、桝井ドーフィン、バナーネ、ネグローネ、ブルジャソットグリースなど、果物店に出回らないイチジクが食べられる。

 【海の幸いっぱい】

 海の幸も多い。昼食で食べた、いそね寿司(富津市)のはかりめ(アナゴ)2色丼セット1960円は出色。酢飯にレモンを搾った白焼き丼と普通に濃い甘ダレで焼いたものを食べ比べるのが面白い。はかりめ料理は市内十数店で食べられる。

 その日の宿、花しぶき(館山市)の旬の味覚ざんまいも特筆もの。何しろ、宴席に突如オープンキッチンが現れ、シェフがとれたての房州(伊勢)エビやイシガキダイをさばき、姿づくりで供してくれる。舌がよろこぶ驚きの新鮮さだ。

 【マラソンを起点に】

 19日の「ちばアクアラインマラソン2014」(木更津市)は、アクアラインの海上コースが魅力で、フルとハーフに1万7000人のランナーが集結。前日からさまざまなイベントがあり、ハーフのフィニッシュは三井アウトレットパーク木更津だから、家族で楽しめる。同パークの千葉県観光情報館「チーバくんプラザ」には旅情報がいっぱい。マラソンと同プラザを旅の起点に出かけてみては?

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。