長野県小谷村 雄大な自然、食材があふれる信州白馬 (1/2ページ)

2015.02.20

連載:ライフ


こんこんと湧き出る温泉の使い方も素晴らしい「深山の湯」【拡大】

 信州と日本海を結ぶ国道148号は昔、海からは塩や海の幸を、内陸部からは山の幸を運ぶ「千国(ちくに)街道塩の道」と呼ばれた。新潟県との県境の豪雪地帯、長野県小谷(おたり)村にある顧客満足度抜群の道の駅とウインターレジャー基地を訪ねた。 (プレスマンユニオン理事/温泉ソムリエ・板倉あつし)

 【人気道の駅と温泉】

 「道の駅小谷」は、多くの観光地を持つ長野県の玄関口、地域の道路情報、村内の栂池(つがいけ)自然園やスキーゲレンデ情報の発信基地、郷土料理や地元特産品売店、そして天然温泉「深山の湯」として、顧客満足度の高い施設を目指して運営しているという。

 幾田美彦社長自ら陣頭指揮を執る食事処「鬼の厨(おにのくりや)」はさまざまなメニューで好評だが、特に木質バイオマスペレットを使用して羽釜で炊く、釜炊き飯「かまど定食」(1050円)にこだわる。炊き立てで、懐かしいオコゲのある小谷産コシヒカリは、玉子かけごはんで、たっぷりのトン汁やお漬物でおかわり自由なので思う存分食べられる。

 施設内に併設する「深山の湯」は源泉かけ流しの天然温泉。熱湯・ぬる湯・水風呂・サウナ風呂完備。泉質はナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉で筋肉痛、神経痛、慢性婦人病、冷え性、疲労回復などに効果がある。「鬼の厨」で500円以上食事をすれば、620円の入浴料金が半額になるサービスを実施。この温泉は1営業日内なら何度でも出入り自由というおおらかさだから満足度が高いハズだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。