【目覚めよ日本】「慰安婦問題」韓・米・国連軍も糾弾されなければ筋が通らない  (2/2ページ)

2015.03.30


空襲で焼け野原になった東京(神田上空から浜町、深川方面を望む)【拡大】

 3月10日はもともと、日露戦争で、日本陸軍が奉天会戦で勝利した陸軍記念日だったが、米国はその日を狙って東京大空襲を行った。木と紙でできた日本の家屋をどうすれば効果的に襲撃できるか、実験を重ね、焼夷(しょうい)弾を開発した。

 B29の空襲は、まず東京の下町を四角く爆撃し、巨大な火炎の壁で包囲して、人々を逃げられないように閉じ込め、それからその中を焼き尽くした。10万人以上を数時間で焼き殺した大虐殺は、世界史の記録となっている。

 いわゆる「南京大虐殺」を捏造したのは、蒋介石率いる中華民国だったが、東京裁判で連合国側が大きくそれを取り上げたのには裏がある。東京大空襲をはじめ、日本全国100以上の都市を無差別で空爆し、広島と長崎に原爆を投下して、都市ごと市民大虐殺を行った自らの罪を、覆い隠すために米国が仕掛けた洗脳工作だ。

 未開の野蛮の獣人を、白人(キリスト教)文明の人間が、愛と民主主義をもたらすために、実行した正義という傲慢極まる理屈である。この500年の世界の歴史は、そうした白人が有色人種を殲滅する歴史だった。 =おわり

 ■ヘンリー・S・ストークス 1938年、英国生まれ。61年、オックスフォード大学修士課程修了後、62年に英紙『フィナンシャル・タイムズ』入社。64年、東京支局初代支局長に着任する。以後、英紙『タイムズ』や、米紙『ニューヨーク・タイムズ』の東京支局長を歴任。三島由紀夫と最も親しかった外国人記者として知られる。著書に『英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社新書)、共著に『目覚めよ! 日本』(日新報道)など。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。