「反中」と「反米」を同時に唱えることは無責任極まりない (1/2ページ)

2015.05.02


安倍首相(右)と、オバマ大統領。日米同盟の深化を確認した(ロイター)【拡大】

 安倍晋三首相が、国賓待遇で米国を公式訪問している。オバマ大統領との首脳会談後、安倍首相は「日米同盟の抑止力と対応力を高めていき、日本と地域、世界の平和と安定に資する」方針であることを、共同記者会見で高らかに宣言した。

 オバマ大統領も同じ会見で「お互いのために」という日本語を交えながら、日米同盟のみならず、両国の長年にわたる友好と信頼関係こそが、世界の平和と繁栄に資する−という考えを世界に伝えた。

 私に言わせれば、最初から分かりきっていたことを、オバマ大統領は公式な場でやっと発言しただけだ。

 過去にたびたび迷走してきたオバマ大統領だが、中華人民共和国(PRC)こそが、世界平和を最も脅かす「悪の帝国」であること。現在の韓国は、米国との同盟関係を無視して、PRCの勢力下に入る可能性を秘めた未熟な非民主主義国家であることを、大統領就任7年目にして理解したのだと思う。

 米国人の大半は、日本人と中国人と韓国人の区別が付かない。3つの国の位置関係や大きさ、人口、経済力、政治体制、文明度、歴史、国民性の違いなども、ほぼ分かっていない。

 オバマ大統領も、そんな平均的米国人の1人だったように思う。友人で側近のマーク・リッパート在韓米国大使がソウル市内でテロに遭遇したことで、3国の歴史やさまざまな違いを、一から勉強し直したのかもしれない。こういう時に「ケガの功名」という言葉を使えば良いのだろうか。

 ひいき目を隠さず言えば、「日米関係ほど、米国に重要な外交は他にはない」と私は考えている。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。