相模原死体遺棄 逮捕男女素性 男の母親はアナウンサー セレブ女子大生の転落 (1/2ページ)

2015.06.26


26日朝送検される佐藤一麿容疑者(インターネットから)【拡大】

 神奈川県相模原市緑区の墓地でブルーシートにくるまれた女性の遺体が見つかった事件。警視庁捜査1課は25日、死体遺棄の疑いで東京都渋谷区の飲食店アルバイト、佐藤一麿(かずまろ)容疑者(29)と静岡県富士市の農業、秋山智咲(ちさき)容疑者(23)を逮捕した。2人は元カレ、元カノの関係で美男美女。どちらも裕福な家庭の育ちだった。一体、どこで足を踏み外したのか。その素性は−。

 捜査1課は26日、2年ほど前から行方不明で、墓地で発見された遺体について東京都新宿区、職業不詳の阿部由香利さん=当時(25)=と明らかにした。同居していた阿部さんの長男=当時(7)=の行方も分かっておらず、経緯を調べている。

 佐藤、秋山両容疑者は、2013年7月19日ごろ、東京都世田谷区の当時の秋山容疑者宅からレンタカーで遺体を運び、相模湖に近い墓地の敷地内に埋めて遺棄した疑いがある。約2年前には秋山容疑者宅で異臭騒ぎがあったことも判明。通報で駆け付けた警察官に対し、秋山容疑者は死んだ犬の臭いと説明していた。捜査1課は、佐藤容疑者らが遺体の処理に困り、この前後に墓地に運んだとみている。

 佐藤容疑者は当時、阿部さんのほか、大学在学中だった秋山容疑者とも交際しており、「二股交際のもつれが事件に発展した可能性がある」(捜査関係者)という。

 佐藤容疑者の自宅は、東京メトロ千代田線、代々木上原駅から徒歩約10分にある3階建ての一軒家。都内有数の高級住宅街で、登記簿によると、敷地の広さは約200平方メートル。約5年前に建て替えており、「土地代だけで1億9000万円程度の価値がある」(不動産関係者)という豪邸だ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。