自衛隊救出劇に賛辞の声続々 犬2匹を袋に入れしっかり抱えヘリから救助 (1/2ページ)

2015.09.11


屋根の上で犬を抱えて救助を待った住人【拡大】

 鬼怒川の堤防が決壊した茨城県常総市では10日、自衛隊や警察、消防などが、濁流の中で取り残された住民らをヘリコプターなどで救出した。テレビの生中継を見た人々から、隊員の練度と現場判断、心遣いに、「神判断」「感動した」などと賛辞が寄せられた。

 「子供の犬なので置いてこられなかった。自衛隊の方に『お願いします』と言って連れてきました。ホッとしました。ありがとうございました」

 自宅の屋根で犬2匹とともに救助を待ち、自衛隊のヘリに救出された男女の住民2人。女性は搬送先に到着後、こう語った。

 決壊現場近くには何人もの住人が取り残され、救出を求めていた。陸上自衛隊北宇都宮駐屯地の隊員らは上空から現場を確認し、「危険度が高い」と判断した順番に救助を続けた。

 隊員は住民2人が待つ屋根に降り立つと、犬を白い袋に入れるなどして、住民とともに救出した。ヘリにつり上げられるとき、隊員が犬をしっかり抱え、頭をなでるシーンも見られた。

 近くでは、電柱につかまり、恐怖に耐えながら救助を待っていた男性(64)もいた。堤防を見に出て自宅の庭に戻った直後、「決壊したぞ」と声が聞こえ、間もなく水にのまれた。泳いで逃げようとしたが流され、近くの電柱から突き出た棒をつかんだという。

 「ヘリから見ても疲労が分かった。できるだけ早く助けなければと思った」

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。