台湾・烏山頭ダムおよび嘉南大用水路 八田與一技師の偉大なる功績 (1/2ページ)

★台湾・烏山頭ダムおよび嘉南大用水路

2016.02.26

連載:ライフ

放水中の烏山頭ダム
放水中の烏山頭ダム【拡大】

  • <p>放水中の烏山頭ダム</p>
  • <p>八田與一技師の像</p>

 2月6日未明、台湾南部の高雄市を震源とする大地震があり、震源地に近い台南市ではビルが倒壊して大きな被害が出たと報道されています。

 台湾と言えば2011年の東日本大震災に際して200億円以上の義援金を送ってくれた世界屈指の親日国で、日本との歴史的繋がりも深い国ですから、今こそ恩返しをすべきだと思いました。

 そこで震災地の台南を支援する意味でも、この地にある台湾の世界遺産候補「烏山頭水庫(ダム)および嘉南大用水路」とこの地に眠る日本人、八田與一(よいち)さんを紹介します。彼は1910年に台湾総督府土木課の技師として水利事業を担当。56歳で亡くなるまで台湾に住み、台湾のために尽くした日本人で、多くの台湾人から敬愛されています。

 八田技師は不毛の地に烏山頭水庫(ダム)と1万6000キロに及ぶ網の目のような嘉南大用水路を建設。さらに「三年輪作法」という農法を自ら考案して、かつては干ばつと水害で穀物の収穫が全くできなかった台湾南部の嘉南の地を台湾最大の穀倉地帯に変えたのです。

 また、彼は大工事であった烏山頭ダム建設の現場監督をするだけでなく、工事に携わる人が安心してよい仕事ができるように住宅区を設け、工事関係の施設はもちろん、家族全員が住める宿舎や共同浴場、学校、病院、娯楽施設まで作ったのです。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。