元米兵の残忍過ぎる手口 「レイプ」「棒で頭殴る」供述 沖縄女性遺棄事件

2016.05.21

シンザト容疑者は送検のため沖縄県警うるま署を出た(左から2人目)=20日午後
シンザト容疑者は送検のため沖縄県警うるま署を出た(左から2人目)=20日午後【拡大】

 沖縄県うるま市の会社員女性(20)が遺体で見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された元米海兵隊員で、軍属のシンザト・ケネス・フランクリン容疑者(32)の残忍な手口が明らかになってきた。「首を絞め、刃物で刺した」と殺害をほのめかしたほか、「女性をレイプした」「棒で頭を殴った」とも供述したという。沖縄県警は殺人容疑も視野に捜査を進める。

 捜査関係者によると、シンザト容疑者は「わいせつ目的で女性を狙った」などと供述、さらに21日付の朝日新聞は「女性をレイプした」「棒で頭を殴り、乗用車に連れ込んだ」と供述していると報じた。

 シンザト容疑者が使っていた車には血痕が付着していたことも判明。女性のDNA型も検出された。刃物などは見つからず、県警は事件後に凶器を捨てた可能性もあるとみている。

 事件当時、ウオーキングに出た女性のスマートフォンや靴も発見されておらず、遺体が遺棄された恩納村の雑木林などで捜索を続ける。

 シンザト容疑者は「動かなくなった女性を雑木林に捨てた」と死体遺棄容疑を認め、「1人でやった」とも供述している。

 シンザト容疑者の母親(63)は米紙ワシントン・ポストの電話取材に「(息子のことを)心配し、動揺している」と語った。同紙電子版が20日報じた。ニューヨーク在住の母親は容疑者と約2年間連絡を取っておらず、19日に日本の警察から電話を受けて逮捕を知ったという。容疑者が2007〜14年に米海兵隊に所属していたことも明らかにした。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。