社会の進歩に伴い深刻化する地震被害 宮城県沖で地震を繰り返してきていた領域 (1/2ページ)

2016.06.24

1978年の宮城県沖地震。日本初の「都市型災害」として注目された
1978年の宮城県沖地震。日本初の「都市型災害」として注目された【拡大】

 宮城県沖に、とても不思議な場所がある。約40年ごとに大地震を繰り返してきた震源だ。

 いちばん最近の地震は38年前の6月12日に起きた。マグニチュード(M)は7・4。もう1回前は1936年だった。Mも震源もうり二つの地震だった。

 さらに1回前は1897年。この地震もMは同じ7・4だった。

 このように1897年から3回の地震が起きていて、その間隔は40年ほどになる。もっと前にも地震が繰り返された可能性が高い。古文書には書かれているが、なにせ地震計がなかった時代だから、同じ規模や震源の繰り返しかどうかは、厳密には分からない。

 震災は地震と社会の交点で起きる。このため、社会や文明が進歩するほど震災が大きくなる。宮城県沖の地震もそうだった。

 1978年の地震は過去に繰り返した地震でも最大の被害だった。この地震は宮城県仙台市を襲い、当時「初めての都市型災害」と言われた地震災害を起こした。

 死者28人のうちブロック塀の倒壊による死者が半数以上の18人もあった。ちなみに1936年の地震では死者はなく、負傷者4人であった。

 1978年の地震では多くのマンションで玄関の鉄のドアが開かなくなって閉じ込められる人が続出した。ガスや水がストップした都市生活がどんなに大変なものか、人々は初めて思い知らされた。また、市内のビルからガラスの雨が降った。

 もっと目立ったことがある。この地震では、全壊した家1200戸の99%までが第二次世界大戦後に開発された土地に建っていた家だったのである。

 つまり、昔の人が住むのを避けていた土地に被害が集中した。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。