【沖縄が危ない】「反基地」のためなら高校球児の“聖地”も奪うオール沖縄の自己中心主義 (2/2ページ)

2016.06.29

 奥武山陸上競技場で強行された県民大会では「海兵隊撤退」「米軍普天間飛行場の県内移設断念」などの政治的要求が採択された。

 主催者発表で約6万5000人が参加した。それが事実かどうかは別として、何万人集まろうと、しょせん、特定のイデオロギーを主張する政治集会でしかない。

 自民党、公明党は「革新色が強い」としてボイコットした。「県民大会」とは名ばかりになった。

 大会はなぜ6月19日に開かれたのか。「オール沖縄会議」は「女性の遺体発見から1カ月」を理由に挙げるが、怒りを発散させるなら1カ月も待つ必要はなく、自公両党を含めた超党派の大会を目指すのであれば、もう1カ月かけて慎重に調整してもいい。参院選の公示3日前というタイミングを狙い「反基地」の県民世論を醸成しようとしたとしか思えない。

 参院選は基地問題をめぐる天王山だ。県民には熟慮の末の投票を求めたい。

 ■仲新城誠(なかしんじょう・まこと) 1973年、沖縄県石垣市生まれ。琉球大学卒業後、99年に石垣島を拠点する地方紙「八重山日報社」に入社。2010年、同社編集長に就任。同県の大手メディアが、イデオロギー色の強い報道を続けるなか、現場主義の中立的な取材・報道を心がけている。著書に「国境の島の『反日』教科書キャンペーン」(産経新聞出版)、『翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走』(同)など。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。