【沖縄が危ない】石垣島の自衛隊配備が足踏み 市議造反で脅かされる民主主義と領土 (1/2ページ)

2016.07.02

北朝鮮の弾道ミサイル発射に対処するため沖縄県・石垣島に展開した自衛隊=2012年4月
北朝鮮の弾道ミサイル発射に対処するため沖縄県・石垣島に展開した自衛隊=2012年4月【拡大】

★(4)

 国境の島々である沖縄県・八重山諸島で、自衛隊配備に向けた動きが本格化している。日本最西端の与那国島では、反対派の運動や住民投票などの紆余(うよ)曲折を経て3月、陸上自衛隊の沿岸監視隊がようやく発足した。

 石垣島では、保守系議員が多数を占める市議会で、配備を求める住民の請願が否決される事態になり、予想外の「難産」になりそうな雲行きだ。

 与那国島では昨年2月、配備の是非を問う住民投票で賛成派が過半数を獲得し、長年の論争がようやく決着した。

 沿岸監視隊員は160人で、レーダー施設を使って周辺の船舶や航空機などの監視にあたる。尖閣諸島をうかがう中国の動きなどを牽制(けんせい)できる。

 自衛隊は、過疎化が進む島にとっての救世主でもある。2月時点で1490人だった与那国島の人口は、隊員と家族の移住で、約9年ぶりに1700人台を回復した。小学校のうち1校は、複式学級を解消した。

 自衛隊誘致に尽力した住民の与那原繁さん(53)は「子供が増えたことが一番うれしい」と目を細める。

 島の飲食店なども活況を呈している。島のスポーツイベントは地域別で対抗するため、各地域が精強な隊員を奪い合っているという。

 防衛省は石垣島、宮古島、奄美大島でも配備計画を進める。しかし、石垣島の市議会では、保守系の与党が圧倒的な多数を占めているにもかかわらず、6月、配備推進を求める住民の請願が否決された。

 与党は請願を可決する方針だったが、採決で数人が退席や反対に回る造反劇が起きたのだ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。