夏のかぶら寿し(石川)

2016.07.17

連載:グルメ

夏のかぶら寿し(石川)
夏のかぶら寿し(石川)【拡大】

 前田家ゆかりの“かぶら寿し”は加賀発祥の寿司料理。薄切りの鰤と一晩塩をして押しをかけたかぶらに、塩を交ぜない軟らかめのご飯を合わせて仕込むのが伝統。その伝統を加賀野菜や能登野菜を使った漬物で継承するのがカネナカ食品だ。

 本来、おせち料理だが、“冬の名物を夏にも”との要望に応えたのが、同社の「夏のかぶら寿し」。日本近海の鯖とロシア産紅鮭を、特別に作付け依頼した直径約10センチのかぶらに挟んで漬け込む。

 歯触りと香りの良いかぶらにスライスした魚を丁寧に挟み、県産米の糀でじっくり熟成させると、甘味やうま味が調和した風格ある味へ生まれ変わる。

 「挟んだ魚が見えるよう放射状に約6分の1に切り、糀を洗わずにお召し上がりください」(同社)

 3個入り(紅鮭2・鯖1)3750円(送料込・税込)。※100セット限定。販売は8月10日まで。チルド品のため沖縄・島嶼(とうしょ)部を除く。

 【問い合わせ】 カネナカ食品工業(かねなかや次兵衛) (電)0120・244・225 石川県小松市安宅新町ネ72

 http://www.kanenakaya.com

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。