上関原発問題 埋め立ては結局カネの無駄 国が明確な道筋を (2/2ページ)

2016.08.14

上関原発の建設予定地。海を挟んだ真向かいに、住民の約9割が反対派という祝島が見える
上関原発の建設予定地。海を挟んだ真向かいに、住民の約9割が反対派という祝島が見える【拡大】

 原発関連のニュースをもうひとつ。フランス電力公社(EDF)は、英国南西部のヒンクリーポイント原発の建設に向けた投資を最終決定した。先月28日に発表した。

 この計画をめぐっては、巨額の工費に加え、英国の欧州連合(EU)離脱決定で事業の先行き不透明感が増したとして、労働組合などが延期を求めていた。だが、計画どおり、19年半ばに着工、25年の完成を目指す。

 英国で原発の新設が決定すれば約20年ぶりだ。英国は世界でも数少ない「原子炉再開」の国で、日本のメーカーもいろいろと働きかけている。ヒンクリーポイント原発の建設は15年10月、当時のキャメロン英首相と習近平・中国国家主席の会談で合意し、総額約2兆5000億円の事業費のうち3分の2をEDF、残りを中国企業が出資するという。

 中国の資本と技術が関わっていることから、英国のメイ新首相は「国家安全保障上、いろいろな問題がある」と懸念を表わし、中国の出資の方法、技術の絡み方などをすべて検討するため、11月まで意思決定を待ってくれと言い出した。メイ首相が予想以上に保守的だったことがわかり、EDFも周囲も困惑していることだろう。

 ■ビジネス・ブレークスルー(スカパー!557チャンネル)の番組「大前研一ライブ」から抜粋。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。