パパ活女子 貧困と貞操の間で揺れる乙女心 (1/4ページ)

2016.09.11

 NHK地方局の契約女子アナが愛人バンクに登録していたことでも話題を呼んだ“パパ活”−−。ひと昔前の言葉を借りれば「若い女性のパトロン探し」ということになるが、近年、パパ活に励む女性たちの目的は曖昧なところもある。

 男女の恋愛問題に詳しく、近著に『人はなぜ不倫をするのか』(SB新書)があるライターの亀山早苗氏が、当世パパ活女子の生態に迫った。

 * * *

 パパ活という言葉をちらほら聞くようになった。デートしたり、ときには一晩を一緒に過ごしたりすればお金をくれる……そんな「パパ」を求めている女性が増えているという。

 「それって愛人になるということじゃないの?」と思う人も多いだろう。だがパパ活というように、男性に求められてそうなるというより、あくまでも女性側の視点で語られているところが肝である。

 ●性的な関係はないけれど

 では実態はどうなのだろうか。

 「うちはあまり裕福ではないから仕送りがほとんどないんです。だから少しでも生活費を稼ぎたい。でもアルバイトでは追いつかなくて」

 そう言うのは、大学生のミカさん(21歳)。ごく普通のまじめそうな学生だ。1年ほど前、アルバイト先の社長から、「取引先との食事とお酒につきあってくれたら、特別手当として2万円払う」と言われたのがきっかけだった。

 場を盛り上げ、カラオケでは歌って踊った。取引先がいたく喜んだということで、社長が3万円くれた。それ以降、社長は仕事でも、そしてプライベートでも彼女を呼び出すようになった。

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。