“土人”発言の背景に…暴力繰り返す反対派の実像 日本のこころ・和田議員、暴行受けて被害届提出の真実を語る (2/2ページ)

2016.11.01

米軍北部訓練場のヘリコプター離着陸帯移設工事現場の入り口前に集まる反対派=沖縄県東村高江
米軍北部訓練場のヘリコプター離着陸帯移設工事現場の入り口前に集まる反対派=沖縄県東村高江【拡大】

 刑法第204条の「傷害」か、同第207条の「暴行」が適用されるべき事案である。暴力被害を受けた証拠映像もあり、和田氏らは翌6月、男性2人と女性について、警察に被害届を提出した。

 「被害届を出したのは、明らかに暴行行為が行われたうえ、暴力で政治活動や表現の自由を奪おうとする目的が明確だったからだ。法治国家で、このような行為は許されない」

 和田氏は沖縄を何度も訪問して、活動家が入り込んだ市民団体と、地元住民の間に大きな温度差を感じているという。

 インターネットの動画投稿サイトには、沖縄の基地周辺で撮影された暴力行為や暴言の映像がいくつも確認できる。

 このまま、沖縄の「無法地帯」「異常空間」を放置してはならない。 (ジャーナリスト・安積明子)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。