【日本の解き方】朴政権疑惑で韓国経済に打撃 政策対応能力失われ通貨危機に転落する土壇場に (1/2ページ)

2016.11.09

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が追い込まれている。世論調査では支持率が一時5%まで落ち込むなど、韓国国民の怒りは収まっていないようだ。

 親友の崔順実(チェ・スンシル)容疑者の国政介入が韓国国民の批判を受けているが、検察当局は、崔氏の容疑を職権乱用の共犯と詐欺未遂としている。

 民間人である崔氏は、職権を持たないので、共犯というわけだ。ただし、誰と共犯なのかというと、朴大統領である。

 そこで、朴大統領の最側近である安鍾範(アン・ジョンボム)前政策調整首席秘書官も検察に逮捕された。

 崔氏が800億ウォン(約82億円)に近い財団の基金を確保する行為が、安氏を通じて行われたとされる。安氏は、朴大統領の指示に基づいて行動し、その経緯を報告していたようだ。

 朴大統領は2日、内閣改造を行い、金秉準(キム・ビョンジュン)首相らを指名し、事実上内政から引こうとしている。ただし、この人事も、与野党側に一切連絡がなかったため、与党内にも不満が出ている。

 一連の出来事は、輸出・投資・消費など主要経済指標が芳しくない韓国経済にとって、かなり厳しい事態となっている。

 もともと韓国経済には「サンドイッチ現象」が生じていた。「価格では中国に勝てず、技術では日本に勝てない」。価格で中国に攻められ、技術で日本から攻められるサンドイッチというわけだ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。