トランプ氏の「米国第一」は閉鎖主義 「良い大統領」になれない (1/2ページ)

2016.11.20

 米国のドナルド・トランプ次期大統領は良い大統領になるか? 答えは「ならない」だ。公約は守れないし、もし守ったら自滅する。例えば「イスラム教徒の入国禁止」とうたっているが、できるわけがない。

 CBSテレビのインタビューで、トランプ氏は1100万人超といわれる不法移民について、犯罪歴のある200万−300万人をまず強制送還し、残りは国境警備を強化した後に判断すると語った。メキシコ国境に壁を築くことについては否定しなかった。

 しかし、これは大変な社会的混乱を招くだろう。すでに米国の学校では、白人の子供がトランプの主張をもとにメキシコ系や黒人をいじめているという。

 経済政策では「法人税15%の引き下げや所得減税、相続税廃止」と言っているが、これを全部実施すると財源がまったくなくなる。また、「海外に移転した工場を呼び戻す」とも言っているが、例えばiPhoneは最初から海外で製造している。米国で製造しようと思ったら、100万人の雇用が必要になる。失業率5%のアメリカでこれだけの人は集められないし、部品一つない。巨大なウォルマートやコストコも中国製に45%の関税を掛けられたら物価上昇、インフレ高騰、となる。

 ほかに、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)、NAFTA(北米自由貿易協定)からの撤退や、地球温暖化対策の「パリ協定」の破棄、中東からの軍隊撤収などを主張しているが、中東撤退が実現すると、過激派組織「イスラム国」(IS)は暇になって、米国に押し寄せてくるのではないか。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。