朗報!ビールで認知症予防 苦味に効果、キリンなど研究チームが発表へ

2016.11.29

じゃあ、一杯やるか
じゃあ、一杯やるか【拡大】

 左党には朗報かもしれない。認知症の中で患者の多いことで知られるアルツハイマー病の予防に、ビールやノンアルコール飲料に含まれるホップ由来の苦み成分が効果を発揮するというのだ。飲料大手のキリンと東京大、学習院大の研究チームが解明した。12月の日本認知症学会学術集会で発表される。

 キリンによると、ホップ由来の苦み成分「イソα酸」に、脳内の免疫細胞「ミクログリア」を活性化させ、アルツハイマー型認知症の原因物質とされている「βアミロイド」を除去する作用がみられた。

 アルツハイマー型認知症のマウスを使った実験では、イソα酸を含んだ飼料を食べたマウスは脳内の炎症緩和が確認された。その結果、イソα酸に、アルツハイマー型認知症の進行を抑制する効果があることが示唆されたという。

 厚生労働省研究班の推計では、2012年時点で認知症の人は約462万人に上る。根本的な治療法が確立されていない中、25年には認知症の人が約700万人に達するという推計もある。

 イソα酸は苦みの強いクラフトビールなどに多く含まれているとみられる。認知症予防にビールが効くというなら、アルコール好きの人は酒量がさらに増えそうだが、飲み過ぎたら別の悪い影響もある。適量で楽しむことが大事なようだ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。