プーチン氏と日露どう思う? 怯えるロシアンパブ嬢…険しい表情に“鉄のカーテン” (1/2ページ)

2016.12.15

ロシアンパブが並ぶ東京都内の繁華街
ロシアンパブが並ぶ東京都内の繁華街【拡大】

  • <p>ロシア美女の看板を掲げる店もあった(画像を一部加工。写真と本文は関係ありません)</p>

 ロシアのプーチン大統領が15日、11年ぶりに来日。コワモテで知られる一方、国内で支持率8割とされるプーチン氏だが、ロシア出身者はどう思っているのか。夕刊フジは東京都内のロシアンパブに潜入、プーチン氏とロシア、そして日本について金髪美女のホンネを探った。

 平日の午後10時すぎの某歓楽街。雑居ビルにあるロシアンパブに入ると、まず、東部の田舎町出身だという、ロシア女性にしては小柄なナターシャ(仮名)が記者の隣についた。年齢は30代前半とみられ、目鼻立ちのはっきりした顔とショートカットの髪形で、記者が受けた印象は「ロシアの真木よう子」。

 「ロシアはこういうお店がないから、最初はビックリしました。ロシアではお酒を注ぐのは男の人の仕事なんです」

 すでに来日6年目を迎えるといい、流暢(りゅうちょう)な日本語で、水割りを作る手つきも慣れている。パブといっても店のシステムはキャバクラとほぼ変わらず、2人で90分1万円。

 日本の好きな食べ物などたわいもない話題のあと、意を決してプーチン氏の来日について水を向けてみた。するとナターシャは「ニュースを見ない。お客さんのほうが詳しい」としつつも、真剣な表情で「ロシアは大きい国でしょ。1人でまとめているのはすごい。プレジデント、尊敬します。誰も同じことできない」と口にした。

 著書に「体験ルポ 在日外国人女性のセックス」(光文社)があり、各国の女性を考察してきたフリーライターの出町柳次(でまち・りゅうじ)氏は「ロシア女性は伝統的にマッチョな男性を好む。柔道などで『強い男』を印象づけるプーチン氏の戦略が成功しているのだろう」と話す。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。