コインロッカーに遺骨放置で逮捕、「死体遺棄」になる理由 (1/4ページ)

2017.02.08

 1月14日、読売新聞の朝刊に《コインロッカーに妻の遺骨遺棄容疑》との見出しでこんな記事が掲載された。

 《コインロッカーに妻の遺骨を捨てたとして、丸の内署は13日、千葉県市川市東菅野、弁当工場勤務鈴木照司容疑者(74)を死体遺棄容疑で逮捕したと発表した。

 同署幹部によると、鈴木容疑者は昨年9月30日、JR東京駅のコインロッカー内に妻の遺骨を納めた骨つぼを捨てた疑い。容疑を認め、「別の女性と一緒に住むことになり邪魔になった」と供述している。鈴木容疑者の妻は2014年8月に病死し、火葬後の遺骨を鈴木容疑者が自宅で保管していたという》

 「遺骨でも死体遺棄容疑になるの?」と疑問に思った人も多いだろう。本題に入る前に、まずはその理由について解説したい。

 フラクタル法律事務所の弁護士・田村勇人さんは、刑法190条にある《死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、三年以下の懲役に処する》を示しながら、こう説明する。

 「正式には『死体損壊等の罪』で、報道では『死体遺棄』『遺体遺棄』などとも伝えられます。

 そもそも火葬後の遺骨は、墓地埋葬法に、墓地と認められている場所に埋めてくださいとの規定があります。ただそれ以外の記載がない。いつまでに埋葬しなさいということも書かれていないので、自分の手元に置いておくのは問題ありません。ただし自宅の庭や空き地などに勝手に埋めるのは違法となるわけです。

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。