【日本の解き方】百条委めぐる小池氏戦略「議会vs石原」で勝ちパターン ドンも招致で豊洲移転決着させる時期 (2/2ページ)

2017.03.02

豊洲市場
豊洲市場【拡大】

 実は、筆者はある都議会議員から、都議会が過剰な環境基準を都に強要したという経緯があり、このボタンの掛け違いが豊洲問題の原点であると聞いたことがある。

 この点を含めて百条委は解明すべきだ。そのためには「都議会のドン」と呼ばれ、次期都議選には出馬しないと述べた内田茂氏も呼んだほうがいい。豊洲入札の経緯を知るためには、元東京都庁職員で東京ガスに「天下り」した現練馬区長の前川燿男氏を呼ぶことも必要だろう。

 今は石原慎太郎元知事だけが注目されているが、こうして、都庁側と都議会側の全ての関係者を百条委に呼ぶことで、都民に有益な議論が出てくるだろう。

 それにしても、小池百合子都知事の巧みさには驚かされる。百条委では、「都議会対石原氏」という構図を作り、どちらが負けても小池氏の勝ちという必勝パターンになっている。

 しかも、7月の都議選をにらみ、自民都議2人が離党し、「都民ファーストの会」から出馬という動きになっている。驚くべきことに、小池氏はいまだに自民党員である。自民党員が実質的に「新党」を作り、自民党から議員を引っこ抜くという離れ業だ。これも、小池人気が落ちないので、許されるのだろう。

 「小池劇場」は全く従来の政治の常識が通用しない。ただし、そろそろ豊洲問題の決着が必要だ。これは小池氏の政治力で決めるべきだ。 (元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。