トランプ氏、突然鳴りを潜めた「中国批判」 外務省幹部も警戒、米中“裏取引”憶測飛び交う理由 (3/4ページ)

2017.03.17

米ホワイトハウスでの共同記者会見を終え、安倍晋三首相に歩み寄って握手するトランプ米大統領。2日間にわたって「気配り」を示し続けた=2月10日(ロイター)
米ホワイトハウスでの共同記者会見を終え、安倍晋三首相に歩み寄って握手するトランプ米大統領。2日間にわたって「気配り」を示し続けた=2月10日(ロイター)【拡大】

 ホワイトハウスによると、米中両首脳は電話で長い時間協議し、多くの議題を話し合った。ただ、具体的な議題として公表したのは、トランプ氏が「『一つの中国』政策を尊重する」と表明したやりとりだけだった。

 ■米中の裏取引は?

 日米首脳会談直前という絶妙なタイミング。狙ったような米中首脳電話会談をめぐっては、日本の市場参加者の間でも憶測が飛び交った。

 市場では「日米首脳会談の共同声明で尖閣諸島(沖縄県石垣市)に触れることが分かっていたので、トランプ氏が中国への配慮を示した」との見方が支配的だ。

 JPモルガン・チェース銀行は「通商・為替政策に関する日米間の議論は和やかで友好的なものであり続けることはないだろう。トランプ氏が安倍首相との会談直前に習氏と電話会談したのは、日本への牽制の意味があった可能性もある」と解説する。

 昨年の米国の対日赤字はドイツを抜き、中国に次ぐ2位に浮上した。赤字の約8割は自動車関連のため、米自動車メーカーの不満はくすぶり続けている。今後の経済対話で議論が蒸し返される恐れは十分ある。

 ただ、トランプ氏の中国批判が突然鳴りを潜めたのは奇異な印象だ。

 「米中は表面上は対立しているが、裏側で手を握っているのではないか」。

 ある証券系エコノミストはこんなうがった見方を披露する。米国が中国を為替操作国に認定すれば、中国は人民元買い・ドル売りの為替介入をやめてしまい、かえって大幅な元安を招いて中国の輸出競争力を高めてしまうからだ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。