人気元警察犬「きな子」死ぬ 人間なら約90歳、老衰か

2017.03.22

香川県警の元嘱託警察犬「きな子」
香川県警の元嘱託警察犬「きな子」【拡大】

 ドジぶりが人気を集め、映画化もされた香川県警の元嘱託警察犬「きな子」(ラブラドルレトリバー、雌14歳)が20日、同県丸亀市の丸亀警察犬訓練所で死んだと、同訓練所が明らかにした。人間なら90歳ぐらいで、老衰とみられる。

 6年連続で警察犬になるための試験に落ちた後、2010年の競技会でトップの成績を残し、翌年から約2年、嘱託警察犬を務めた。10年8月には、映画「きな子〜見習い警察犬の物語〜」(小林義則監督)が全国で公開され、話題を呼んだ。引退後は県警の「安全・安心まちづくり教育隊」の特別隊員として子ども向け安全教室などで活躍した。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。