無策でないトランプ氏の北朝鮮政策 米国務長官は“優柔不断”中国に軍事ちらつかせプレッシャー (2/2ページ)

2017.03.27

中国の習近平国家主席と会談したティラーソン米国務長官(右)。北への対応策はどうなるか(AP)
中国の習近平国家主席と会談したティラーソン米国務長官(右)。北への対応策はどうなるか(AP)【拡大】

 しかし、北朝鮮がソウルに対して1000発を集中させて発射したら、非常に大きなダメージになるだろう。破壊された後、相手の本拠地に壊滅的な打撃を与えても、もう遅い。北朝鮮の問題は、従来のやり方では解決しないのだ。

 そのため、韓国を訪問した米国のレックス・ティラーソン国務長官は17日、「オバマ前政権の北朝鮮に向けた戦略的忍耐の政策は終わった」と述べ、北朝鮮の脅威が高まれば軍事行動も含めてあらゆる選択肢を検討中と強調した。

 その後、同国務長官は中国に向かい、18日の王毅外相との会談で北朝鮮への制裁の実施を求めるなど、かなりのプレッシャーをかけた。北朝鮮問題について、中国がこれまでのように優柔不断な態度をとり続ければ、米国は軍事行動も辞さないと言ったわけだ。

 どんな言い方をしたかは分からないが、いずれにせよ、国連の制裁決議ぐらいでは効果はないということ。6カ国会議の議長国でありながら何もしてこなかった中国に、北朝鮮の核やミサイル開発の中止という「結果」を求めたわけだ。

 オバマ前政権の「戦略的忍耐」というのは、単に無策と言ったほうがいい。発足以来トラブル続きのトランプ政権ではあるが、北朝鮮問題についてだけは無策ではなかった、ということを名実ともに示してくれることを期待しよう。

 ■ビジネス・ブレークスルー(スカパー!557チャンネル)の番組「大前研一ライブ」から抜粋。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。