【昭和のことば】「ハチの一刺し」(昭和56年) ロッキード事件で重大発言繰り返した榎本三恵子氏にマスコミが飛びついた

2017.04.26

 「ハチの一刺し」は、ロッキード事件に関連することばだ。「ハチは一度人を刺したら死ぬと言われています。今のわたしはハチと同じ心境です」。田中被告側が必死に無罪を主張している最中、検察側証人の切り札として東京地裁に出廷し、次々と重大発言を繰り返した、榎本三恵子氏の記者会見での発言である。

 銀座の美人ホステス、ショートカットが似合う抜群のプロポーション、田中角栄元首相秘書官の前妻。渦中の人物にマスコミはいっせいに飛びついた。

 この年の主な事件は、「東京地検、投資集団誠備グループのリーダー、脱税容疑で逮捕」「中国残留日本人孤児47人初の正式来日」「臨時行政調査会(第2臨調、土光敏夫会長)発足」「神戸ポートアイランド博覧会(ポートピア)開幕」、「ノーベル平和賞受賞のマザー・テレサ来日」「ポーランド自主労組『連帯』のワレサ議長来日」「東京・深川の商店街で通り魔殺人事件発生」「三和銀行茨木支店の女子行員、オンラインシステムで1億3000万円詐取」「厚生省が丸山ワクチンを治験薬に指定」「北炭夕張新炭鉱ガス突出事故、93人死亡」「福井謙一氏、ノーベル化学賞受賞」「沖縄本島与那覇岳で新種の鳥を発見。『ヤンバルクイナ』と命名」「東京芸大教授、名器ガダニーニ鑑定書偽造事件にからむ収賄容疑で逮捕」など。

 郵便はがきは40円の時代。黒柳徹子の『窓ぎわのトットちゃん』がベストセラー。洋画『エレファント・マン』、テレビドラマは『北の国から』が人気になった。

 22歳離れた年の差婚の末の逆襲。そんな男女の物語は、事件の核心とは関係がない。だが、話題になれば何でもあり、(今にもつながる)そんな当時の世相も手伝い、榎本氏は、バラエティー番組出演にヌード写真集発売、目を見張るほどの、「時の人」になっていった。 (中丸謙一朗)

 〈昭和56(1981)年の流行歌〉 「ルビーの指環」(寺尾聰)「チェリーブラッサム」(松田聖子)「奥飛騨慕情」(竜鉄也)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。