石炭業・製鉄業を支えた軍艦島 「ダイナマイトを発破する際にも避難せずに身を伏せる」 (1/2ページ)

★長崎県の産業革命遺産

2017.05.26

日本最古の木造洋風住宅「旧グラバー住宅」
日本最古の木造洋風住宅「旧グラバー住宅」【拡大】

  • <p>軍艦島に残る日本最古の鉄筋コンクリートアパート第30号棟</p>
  • <p>ダイヤモンド・プリンセス号からの軍艦島の緑とコバルトブルーの海</p>
  • <p>三菱重工長崎造船所のジャイアント・カンチレバークレーン</p>

 ゴールデンウイークは日本で建造された大型豪華客船ダイヤモンド・プリンセス号で横浜から高知、広島、釜山そして長崎と巡り、船内で幕末の歴史講座を担当しました。幸い天候に恵まれ、富士山も海上から美しい姿を眺めることができましたが、最も印象に残ったのは11万トンを超す大型客船の操舵(そうだ)室から間近に見た軍艦島の戦慄的な光景です。そこで、今回は軍艦島を中心に長崎にある明治日本の産業革命遺産をご紹介します。

 富国強兵を目指した明治政府が重視した産業は、外貨獲得のための『絹産業』、軍艦建造のための『製鉄業』、そしてエネルギーとしての『石炭業』の3つでした。

 日本最古の木造洋風住宅として世界遺産登録された「旧グラバー住宅」を建てたトーマス・グラバーも、最初は生糸の輸出、続いて武器弾薬や軍艦の輸入、軍艦修理のための小菅修船場の建設、そして高島炭坑の実質経営を行うなど、3つの産業に貢献した人です。

 今回ご紹介する軍艦島は、その隣接する高島炭坑とともに日本の『石炭業』を支えた端島炭坑の通称です。この島は石炭出炭量の増加に伴い、急成長を遂げ、日本最古の鉄筋コンクリート建築のアパートや学校、神社、映画館などが立ち並び、1960年には5000人以上の人が生活し、世界一の人口密度を誇っていました。

 今回のクルーズでは、実際にこの炭鉱で働いた経験のある「軍艦島コンシェルジュ」のガイドさんから貴重な体験談を聞くことができました。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。