中国産食材、猛毒撃退「3つの手順」 加工食品に使われるケースは… (1/2ページ)

2013.05.20


中国食品“無毒化”の術【拡大】

 中国で生産、加工された汚染食品が問題になっている。外食や持ち帰り総菜などの中食で使われる材料から逃れる手段はないものの、各家庭で取り組める“無毒化”の方法はありそうだ。とりわけ大量に輸入されているタマネギ、ショウガ、ニンニクといった青果物はどのように調理すればよいのか。日々の炊事で食の安心感を高める猛毒撃退法を探った。

 中国で今月上旬、またも野菜栽培での劇物使用が明るみに出た。中国中央テレビが報じたところでは、山東省の農家がショウガの栽培に「アルジカルブ」入りの農薬を用いていたことが判明。アルジカルブは体重50キロの人がわずか50ミリグラムで死に至る猛毒で、中国でもショウガの栽培には使用が禁じられている。

 アルジカルブ系農薬をめぐっては2009年、京都府で中国産冷凍ポテトから基準値の3倍に達する「アルジカルブスルホキシド」が検出され、問題になった。07年には米カリフォルニア州で中国産ショウガから同じ系統の物質が検出され、州当局が「大量に摂取すると吐き気やけいれん、呼吸困難を引き起こす」と警告。“前科”があっても一向に改善が進まないずさんな実態が、山東省の件で浮き彫りになった。

 いまや、中国産の食品は日常生活に深く浸透している。スーパーの野菜売り場を眺めると、問題になったショウガのほか、タマネギ、ニンジン、ニンニク、シイタケといった多くの商品が並ぶ。水煮のタケノコ、山菜のゼンマイなどは中国産が一般的。危険を感じつつも、安さのあまりつい手を伸ばす人も多いだろう。

 残留農薬のリスクを低くする調理法はあるのか。本紙で『瞬速おつまみ』を連載中の料理研究家、原るみさんが「3つの手順」について解説する。

 「まず、残った農薬は表面に付着しているので、皮を丁寧に取り除くことです。ショウガ、ニンジンなどは皮むき器でしっかり処理するとよいでしょう。次に油に通してサッと揚げてしまうこと。さらに、ゆでこぼしも効果が期待できます。水煮になったタケノコ、ゼンマイも、ゆがいて使えばより安心です」

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!