北、日本で“原発テロ”計画! 核を使わず甚大損害「人が住めないように」

2013.05.29


北朝鮮が自爆テロの標的にしていた敦賀原発=福井県敦賀市【拡大】

 北朝鮮の朝鮮人民軍による、許しがたい対日計画が明らかになった。韓国との開戦直前に、日本全国にある原子力発電所施設に特殊工作員計約600人を送り込み、米軍施設と同時に自爆テロを起こすというのだ。計画策定を指示した金正日総書記は生前、「決死隊の同時攻撃で、日本に人が住めないようにしろ」と命じていたという。

 対日計画を証言したのは、軍元幹部ら脱北した複数の関係者。金総書記が朝鮮労働党と軍双方の工作機関への指示系統を掌握した1970年代半ば以降、具体化に動き出し、90年代に入って本格化したという。

 計画では、「対南(韓国)」と「対日」の2つの特殊部隊(それぞれ2個大隊約600人ずつ)を編成。対南侵攻直前に日韓両国に上陸し、米軍基地や原発、重要施設を自爆テロで同時爆破する作戦が策定された。

 原発がターゲットとされたのは「甚大な損害を与えられ、核兵器を使う必要がなくなる」(元幹部)との思惑から。

 計画実施に向け工作員を日本に侵入させ、施設の情報収集を重ね、日本近海でひそかに訓練も行っていたという。

■関連記事
 ⇒【スクープ最前線】日本に迫るテロの脅威! 警備体制は前政権でズタズタ…
 ⇒菅直人氏、原発事故に「神のご加護あった」 NYシンポでビデオメッセージ

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。