【岡田敏一のエンタメよもやま話】フェイスブック使うほど「悲しいね!」 当局には監視され… (1/3ページ)

2013.09.12

 さて、今回の本コラムは、既に全世界での利用者が約11億5000万人(今年3月時点)を突破した世界最大の交流サイト(SNS)「フェイスブック(FB)」のお話です。個人から企業まで、日本でもいまや、ごく一般的な交流ツールとなったFBですが、最初はどれほど革新的なサービスでも、あまりにも一般的になりすぎると、いろいろと思わぬ弊害が発生するようです…。

 8月14日付の米オンライン科学誌「プロスワン(PLOS ONE)」が、FBに関する非常に興味深い研究結果を発表しました。FBを利用する若者は、FBをチェックすればするほど、友人たちの日常の方が素晴らしく思えてきて、気分が落ち込み悲しい気分になってくるということが分かったというのです。

 「プロスワン」の研究結果や、これを受けての翌15日付米CNNテレビや英BBC放送、米ABCニュース(いずれも電子版)などによると、調査を手掛けたのは米ミシガン大学の研究チームです。

 ミシガン大学は、米の消費者マインドを探る代表指標としてメディアなども必ず取り上げる「ミシガン大学消費者態度指数」を調査・発表することで有名です。

 この調査は、そんな権威あるミシガン大学が、ユーザーの幸福感や生活の満足感にFBがどのような影響を与えているかについてまとめた初の研究結果とあって、欧米で大きな話題を集めました。

 研究チームは、スマートフォン(高機能携帯電話)を所有し、スマホから自分のFBのアカウントをチェックしている若者82人(平均年齢20歳)の協力を得て、2週間にわたり、彼らに毎日、朝10時から深夜0時までに「いまどんな気持ちですか?」「いま、どのくらい寂しいと感じていますか?」といった計5つの質問をテキストメッセージで不定時に送信し、幸福感がどんなものかを調べました。

 その結果、FBを使っている理由として、ほとんどのユーザーが「友人と連絡を取り合うため」と答え、23%は「見知らぬ人々と出会うため」と説明。ユーザーの75%は、楽しく前向きな出来事やニュースを投稿したりシェアし合ったりしていたが、一方で36%が否定的な投稿やニュースをシェアしていたと答えました。

 さらに、多くの人が「FBを利用した後、気持ちが落ち込んだ」と答え、FBの利用頻度が増えるほど、生活における満足感が下がっていたという意外な事実が判明したのです。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!