【新・悪韓論】悪罵の大国・韓国 テロリストをあがめながらテロ扇動に憤激の矛盾 (1/2ページ)

2013.12.19


朴大統領(左)はテロリストの銅像設置を、中国の習近平国家主席に求めている(共同)【拡大】

 韓国は「悪罵(あくば=激しく罵る)の大国」だ。政治家が語る悪罵もすさまじい。“政敵の死”を呪(いの)るような発言も出る。

 ある野党政治家は、他人のツイッターから「来年の夢は李明博(イ・ミョンバク=前大統領)の急死」という言葉を拾いリツイートした。他人のツイートから拾うあたり、いかにも姑息だ。

 今年の夏には、野党・民主党スポークスマンが「朴槿恵(パク・クネ)大統領は日本の安倍晋三首相と同じく“鬼胎”だ」と述べた。

 鬼胎とは「生まれてきてはならなかった存在」といった意味だ。「あまりにもひどい」といった世論が盛り上がると、スポークスマンは辞任し、民主党は「言い過ぎ」を大統領には謝罪した。が、わが国の首相に対しては「遺憾の意」の表明すらないままだ。

 そして、今度は民主党最高委員(複数おり、日本の自民党でいえば『顧問』のような存在)が

 「朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領は中央情報部という武器で公安統治をしたが、自身がつくった武器に暗殺されるという悲劇的な結果は予想できなかっただろう。朴槿恵大統領は朴正煕元大統領の教訓を他山の石とすべきだ。国家情報院という武器による新公安統治で朴正煕元大統領と同じ轍を踏む可能性もある」と述べた(朝鮮日報2013年12月9日)。

 念のため、国家情報院とは韓国中央情報部(KCIA)を引き継ぐ組織だ。新公安統治とは、韓国左派の用語で、公安検事出身者が大統領府秘書室長などの要職を占め、国家情報院の組織力を動員して「従北左翼」「過激労組」の取り締まりを強めている状況をいう。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!