【スクープ最前線】中国軍パイロットの技能不足が“自爆テロ”引き起こす危険性 防空識別圏 (1/3ページ)

2014.01.08


中国空軍の戦闘機「殲11」=2009年11月(共同)【拡大】

 中国の軍事的暴発が懸念されている。官僚腐敗や民族対立、環境問題などの国内批判をそらすため、習近平国家主席が対外的な危機を演出する可能性があるのだ。安倍晋三首相は国際情勢の変化を受けて「積極的平和主義」を掲げたが、東アジアの現状はどうなのか。技量で劣る中国機パイロットによる“自爆テロ”の危険性。ジャーナリストの加賀孝英氏が、知られざる危機に迫った。

 「日本経済は1年前の危機的な状況から脱し、順調に回復軌道を歩んでいる」「今年春こそ、景気回復の実感を収入アップの形で国民に届けたい」「世界の平和と安定に、これまで以上に積極的な役割を果たす」「被災地復興のさらなる加速に全力を尽くす」

 安倍首相は6日、三重県伊勢市の伊勢神宮を参拝した後、年頭の記者会見に臨み、こう語った。2年目に突入した安倍政権。官邸関係者がいう。

 「安倍首相は『日本を取り戻す』と訴えて、政権を奪還した。その実現のために、死にもの狂いだ。アベノミクスの推進だけでなく、昨年1年間だけでも25カ国を訪問。首脳会談は電話会談を入れれば150回を超えた。さらに昨年末、公約だった靖国神社参拝を果たした。小泉純一郎首相以来、7年ぶりの快挙だ」

 そして、こう続ける。

 「予想通り、中国と韓国は大慌てだ。安倍首相との首脳会談拒否を発表し、『靖国神社を参拝しない』『過去の謝罪』などが会談実現の前提条件だと声を張り上げた。笑止千万。『日本は脅せば言いなりになる』とまだ思っている。安倍首相が条件をのむことは天地が引っくり返ってもない」

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。