中国、急速な日本人観光客離れ! 深刻な大気汚染や関係悪化で

2014.01.14


マスク着用での観光は果たして楽しいのか=中国・北京(共同)【拡大】

 中国の北京や上海を訪れる外国人観光客が大幅に減っている。なかでも激減が顕著なのは日本人の観光客。深刻な大気汚染のほか、日中関係の悪化によって中国離れが急速に進んでいる。旅行業界では「この傾向はしばらく続く」との見方が有力だ。

 北京在住の日本人向け観光ガイドが嘆く。

 「大気汚染に鳥インフルエンザ、日中関係の悪化など、悪い要素が多すぎた。すっかり仕事が減ってしまった」

 北京市観光発展委員会が14日までに明らかにしたところによると、昨年1〜11月に中国本土外から北京を訪れた観光客は前年同期比10・3%減の約420万人。日本からの観光客は約23万人と44・8%も減少した。韓国、ロシア、フランスなどからも2桁の減少だ。

 上海市観光局によると、同市も全体が6・1%減で、日本からは23・2%減った。

 中国の英字紙チャイナ・デーリーは13日、「北京の観光客が激減」と1面で報じ、大気汚染のほか世界経済の低迷や人民元の通貨高も原因とする当局者の見方を紹介した。日本や韓国の観光客がタイやインドネシアに行き先を変えたという。

 旅行業界の関係者が語る。

 「大気汚染による健康被害を避けるため、中国から帰国した日系企業駐在員の証言が生々しい。『目はかすむし息苦しく、北京ではとても生活できない』といった生の声が、徐々に日本国内で浸透している。知人らから直接聞いた証言の影響力は強い。大気汚染が改善される見通しは薄く、今後も旅行先で中国を避ける傾向は続くだろう」

 2012年に日系スーパーが襲撃された大規模反日デモの影響も色濃く、「危険な場所にわざわざ行きたくない、という方が激増した」(先の関係者)。あえて中国に行かなくとも空気がきれいで親日的な観光地は世界各国にいくらでもある。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。