【賞賛される日本】南太平洋の親日国家・パラオ 激戦地で語り継がれる日本将兵の武勇 (1/2ページ)

2014.01.30


ナカムラ元大統領【拡大】

★(3)

 《諸国から訪れる旅人たちよ、この島を守るために日本軍人がいかに勇敢な愛国心をもって戦い、そして玉砕したかを伝えられよ》

 米太平洋艦隊司令長官、C・W・ニミッツ提督から、日本軍将兵に送られた賛辞である。

 1944年9月15日、猛烈な艦砲射撃と空爆に援護された米第1海兵師団が、西太平洋にあるパラオ諸島ペリリュー島への上陸を開始した。

 「3日で陥落させる」

 マリアナ諸島攻略の余勢をかった米軍は豪語した。だが、彼らを待ち受けていたのは、これまで経験したことのない精強無比なる日本軍守備隊の猛反撃だった。続出する死傷者の山に、米兵は“悪魔の島”と呼んで罵(ののし)った。

 米軍を迎え撃ったのは、中川州男大佐率いる陸軍水戸第2連隊を中心とする約1万2000人。日本軍は、地元住民を安全な島に疎開させ、これまでの水際撃滅・万歳突撃の戦法から、洞窟陣地による持久戦に切り替えた。そのため、米軍は未曾有の損害を出すことになったのである。

 後に、ニミッツ提督は「ペリリューの複雑極まる防備に勝つには、米国史における他の上陸作戦にも見られなかった戦闘損害比率(約40%)を甘受しなければならなかった。すでに制海権制空権を握っていた米軍が、死傷者あわせて1万人超の犠牲者を出し、この島を占領したことは、今もって疑問である」と、著書『太平洋海戦史』で回想している。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!