朴大統領の経済政策を学者51人が酷評 反日のツケで「3カ年計画」は画餅 (1/3ページ)

2014.02.17

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の経済政策が酷評された。同国の経済学者51人が5段階評価で採点したところ、「C」や「D」の低評価が多数を占め、落第を意味する「F」評価もあった。なにしろ国の税収は不足し、頼みの中国経済も「影の銀行(シャドーバンキング)」問題で崖っぷち。内需の低迷や家計の負債など国内問題にも打つ手がないのが実情だ。あわててぶち上げた「経済革新3カ年計画」も実現性が疑問視されている。

 韓国の経済紙、毎日経済新聞が経済学者51人を対象に実施したアンケートによると、朴政権の経済政策について5段階で最上位の「A」と評価する回答はゼロだった。「B」評価こそ19・6%いたものの、「C」評価が56・9%、下から2番目の「D」評価が19・6%もいた。そして最低評価の「F」も3・9%あったという。

 学生ならば、「不可に近い可」でなんとか単位取得というところかもしれないが、一国の経済政策を率いる政権としては、お世辞にもほめられた成績ではない。

 アンケートでは、朴政権の緊急の課題についても尋ねており、回答者の半数近くが「経済成長」を挙げた。米国の量的緩和縮小に伴う3大リスクとして、「新興国危機による輸出の減少」「金利上昇による家計と企業の負担増大」「外国人投資家の資金流出による金融市場の収縮」を懸念している。

 経済学者の低評価を裏付けるかのように、国家財政も芳しくない“成績”を残している。企画財政部が公表した2013年の歳入・歳出の統計によると、総歳入は当初の予算より10兆9000億ウォン(約1兆500億円)も下回った。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。