【から(韓)くに便り】実現しなかった村山元首相と朴大統領の会談 朴正煕政権を否定していた社会党 (1/2ページ)

2014.02.24

 ■踏みとどまった?朴大統領

 先ごろ村山富市元首相が韓国を訪れた。韓国の正義党の招きだった。村山氏が党首だった社会党は今、ミニ政党の社民党だが、この招待旅行は左派系のミニ政党同士の交流としてはおかしくない。

 村山氏は1995年、首相時代に発表した例の「村山談話」で知られる。この談話は、朝鮮半島支配も含め、「過去の一時期」の歴史について謝罪と反省を述べたものだ。したがって村山氏は韓国では人気がある。時節柄(?)、韓国側は「村山談話」を再確認してもらおうという意味で招いたといっていい。

 村山氏について、韓国のマスコミは朴槿恵(パク・クネ)大統領に会うかどうか関心が強かった。韓国では、日本の安倍政権に対し「右傾化」「軍国主義復活」…などと、官民挙げての非難キャンペーンが続いている。朴大統領が村山氏に会えば、安倍政権に対する相当なあてこすりになるからだ。つまり朴槿恵・村山会談を期待したのだ。

 しかし筆者は「まさか、会わないだろう」と思った。いや、むしろ「会ってほしくない」「会ってはいけませんよ…」というのが正直な心情だった。理由は、朴槿恵大統領が朴正煕(チョンヒ)元大統領の娘だったからだ。

 朴正煕は60年代から70年代にかけ18年間にわたり韓国を率い、発展の基礎を築いた。歴代の大統領の中では最も人気があり尊敬されている。

 父・朴正煕時代の発展のキッカケは65年の日韓国交正常化である。日本との国交回復、日本の支援・協力が「漢江(ハンガン)の奇跡」といわれる経済発展につながり、国力で北朝鮮を初めて上回ることになった。この時代に国交正常化を含め韓国に対する日本(自民党政権)の支援・協力にいつも反対したのが社会党だった。日韓協力を「黒い癒着」と非難し朴正煕政権を全否定した。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!