冷え切った日中関係打開に動き出した習政権 安倍首相と胡徳平氏が極秘会談 (1/2ページ)

2014.04.15


習近平主席に近いとされる胡徳平氏【拡大】

 中国の胡耀邦元総書記(故人)の長男で、全国政治協商会議の常務委員を務めた胡徳平氏が今月上旬に来日した際、安倍晋三首相と極秘会談していたことが15日、分かった。日中関係筋が明らかにした。胡氏は「太子党」に属しており、習近平国家主席と近い。中国がすり寄ってきたのか。

 胡氏は6〜13日の日程で日本を訪問し、8日夕に首相官邸を訪れた。これまで、菅義偉官房長官が「中国とは戦略的互恵関係を強化したい」と語ると、胡氏は「日中両国は経済でも切っても切れない関係にあり、交流を深めたい」「習指導部に報告する」と応じたと伝えられていた。

 この前後で、安倍−胡会談があったとされる。

 民主党政権時代に始まった日中関係悪化を受け、安倍首相は就任以来、「対話の扉はいつも開いている」と呼びかけてきた。

 これに対し、中国は沖縄県・尖閣諸島周辺海域に艦船を侵入させたり、東シナ海に一方的に防空識別圏を設定するなど、強硬姿勢を続けてきた。

 こうしたなか、中国経済が沈み始めている。「影の銀行(シャドーバンキング)」がつまずき、不動産バブルは崩壊、一部の理財商品の利払い停止、社債のデフォルトなどが続出。大気汚染などの環境悪化もひどく、欧米企業も撤退姿勢を示している。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!