金正恩氏、ストレスによる暴飲暴食で体重120キロ

2014.05.08


北朝鮮の金正恩第1書記 (ロイター)【拡大】

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記がストレスによる暴飲暴食で体重が120キロにまで増え、心筋梗塞や顔面まひの症状が出ているとの説が浮上している。韓国の脱北者らが運営する自由北朝鮮放送が指摘し、韓国メディアが8日、一斉に報じた。

 同放送によると、金氏は昨年12月の叔父・張成沢(チャン・ソンテク)氏処刑などでストレスを感じ始めた。今年1月には毛髪が抜け、左手の自由が利かなくなり、万寿無窮研究所で治療を受けているという。

 一方、東亜日報は8日、韓国政府関係者の話として「そういう情報は入っていない」と懐疑的な見方を伝えた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。