韓国失業率は政府発表の3倍超 労働環境、経営管理も世界最低水準… (2/3ページ)

2014.05.23

 世界最大の労働組合の国際組織、国際労働組合総連合(ITUC)が世界139カ国の労働者の権利について調査したところ、韓国は「労働者の権利が守られるという保証がない国」として、「5等級」に分類された。

 「5等級」は、事実上法治国家ではないとして「5プラス」となったソマリア、南スーダン、シリア、ウクライナなどを除くと最下位のランクにあたる。

 韓国が低評価となったのは、鉄道ストライキを行った組合員の大量解雇や朴政権が全国公務員労組の設立申告を受理しなかったことなどが要因だという。韓国と同ランクは中国、エジプト、インド、ナイジェリア、サウジアラビア、ジンバブエなど24カ国。ちなみに日本は上から2番目の「2等級」だ。

 こうした惨状は、韓国の国際競争力にも反映されているようだ。スイスの国際ビジネス教育・研究機関IMDが主要60カ国・地域を対象に発表した2014年版「競争力ランキング」で、韓国は前年から4つランクを下げて26位に。3ランク上昇し21位となった日本が逆転した。中国も前年の21位から23位に後退した。

 IMDでは韓国企業の効率について、会計監査の妥当性が59位、労使関係の生産性が57位、取締役会の経営監督が58位、企業のサイバーセキュリティーが58位など、いずれも最下位に近い水準とした。

 また、YTNニュースは、企画財政部が295の公共機関の経営情報開示の実態を調査したところ、すべての機関で情報開示が適切でなかったと報じた。官民問わず、ずさんな経営管理ぶりが浮かび上がる。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。