【スクープ最前線】習政権、旅客機自爆テロ情報に戦々恐々「決行はこの数週間」 (1/3ページ)

2014.06.11


自爆攻撃の情報におびえているとされる習近平国家主席(ロイター)【拡大】

 中国の権力闘争やテロが激化している。習近平国家主席が主導する汚職追放運動や民族同化(浄化)策という名の弾圧に、政敵グループや少数民族が猛反発しているのだ。相次ぐテロや不可解な事件…。こうしたなか、習氏が、航空機による“自爆攻撃”におびえて、居場所を転々としているとの情報が入った。ジャーナリストの加賀孝英氏が緊急リポートする。

 「習氏以下、中国の最高指導部の面々はいま、震えているに違いない。万が一の場合、習体制は間違いなく吹っ飛ぶ」

 旧知の外事警察関係者は、私(加賀)にそうもらした。

 お気づきになっただろうか。香港紙『サウスチャイナ・モーニング・ポスト』は6日付で、次のように報じた。

 《中国国内から香港に向かう旅客機(キャセイ航空もしくは子会社のドラゴン航空)に爆弾を持った女が搭乗する計画があると、台湾の情報当局が警告している》

 共同通信も同日、香港紙の報道として短く伝えた。だが、事態はそんなに甘いものではない。想像以上に深刻なのだ。以下、複数の日米情報当局関係者から得た衝撃情報だ。とくとお読みいただきたい。

 「台湾情報当局は6月初め、以下の極秘情報を中国側に通報した。『中国発香港行きの旅客機がハイジャックされる危険がある。犯人は長い黒髪の中国人女で爆弾を所持している。決行日は6日か7日。それ以降、数週間が危ない』という内容だ」

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。