韓国、親北勢力の復活で反日教育が再燃へ 教育監選挙で過激思想候補が圧勝 (1/2ページ)

2014.07.09


朴政権下で進む反日教育 (共同)【拡大】

 朴槿恵(パク・クネ)政権下で強まる反日姿勢が一段と加速しそうだ。6月の統一地方選挙と並行して行われた学校教育をつかさどる地方の教育長の職を争う選挙で、「全国教職員労働組合」(全教組)の候補が圧勝した。過激な反日教育を主導し、「韓国の日教組」とも呼ばれるこの組織。韓国民に偏狭なナショナリズムを植え付けてきた“戦犯”の復活で、再び反日の火が燃え上がろうとしている。

 韓国・統一地方選は、朴政権の与党・セヌリ党の“辛勝”に終わった。4月中旬に発生したセウォル号沈没事故の影響で、惨敗も予想されたが、野党の批判をかわして過半数を維持、何とか命拾いした。

 いつになく注目が集まった統一地方選の陰に隠れて目立たなかったが、並行して行われたもう1つの戦いでは異変が起きた。各地の「教育監」を選び出す選挙だ。

 「教育監とは都道府県などに相当する主要自治体で、教育課程の運営など学校教育に関する業務をつかさどるポスト。日本では都道府県の教育長がこれに近いだろう」(現地の教育関係者)

 特に話題を呼んだのは「全教組」の候補が当選者の約半数を占めたこと。これまでその「親北反米路線」で、何度も物議を醸してきた教職員組合だ。

 「小学校の授業で金日成を賛美しながら欧米首脳を中傷したりと、過激な思想教育がたびたび報じられてきた。一人ひとり会って話すと、組合員もさほど特殊な印象はないが、保護者には警戒されている」(現地の大学教員)

 「韓国の日教組」とも呼ばれる全教組。彼らは、過激な「反日教育」を強力に推し進めてきたことでも知られる。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。