みんな同じ顔! ミス・コリア“整形疑惑”で見えた韓国の「悪弊」 (2/2ページ)

2014.10.25


ニュースサイト「レディット」に掲載された「ミス・コリア2013」の最終選考会の出場者の写真一覧。顔が同じだと指摘された。今年も同じか…【拡大】

 英デーリー・メール(電子版)によれば、ニュースサイトのレディットで13年大会の候補者20人の写真の一覧が掲載され、3000のユーザーが整形疑惑について議論した。確かに、参加者はほぼ全員、黒髪でほぼおなじ髪形をしている。顔の形、大きな瞳、肌は美白。何が違うのか見分けがつかない。ネットのユーザーたちの指摘は辛辣(しんらつ)だ。

 「これは韓国の形成外科顔と呼ばれている」

 「ソウルの特定のエリアでは、みんながまるで姉妹のように見える」

 これらに関し、一部メディアは、同じような顔つきになったのはメーキャップ担当者が同じようなメークをしたことが原因と指摘。参加者の整形疑惑を否定している。

 韓国は、世界トップの整形大国である。国際美容整形外科学会のデータでは、2011年に韓国で美容整形を受けた人は約65万人。世界では7位だが、人口割合でみると、1000人当たり13・1件と世界で最も高い。

 韓国は整形に対する抵抗が少なく、むしろ就職などの際に不利にならないよう整形手術を受けるケースがあるとされる。中には親が子供に整形を勧めたり、誕生日に整形手術費をプレゼントしたりすることもあるという。

 社会自体が極端なほどに容姿を重視しているのだが、ミス・コリアの最終選考から見えてくるように、美しさの“ものさし”も極端に狭い。整形であれ、メークであれ、いずれにしろ、このものさしの狭さが、結果的に没個性につながっているのだ。

 ミス・コリアをめぐる騒動は、そうした韓国社会の幅の狭さを象徴してもいる。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。