大韓航空に大打撃 “ナッツ副社長”の飲酒の代償は運航停止か課徴金? (1/2ページ)

2014.12.17


完全にガードされた形で行われた“ナッツ副社長”の謝罪会見=12日(AP)【拡大】

 世界を呆れさせている大韓航空、趙顕娥(チョ・ヒョナ)前副社長(40)の同機内での大暴れ問題。事態は、いち経営陣の失態では済まされず、運航停止という厳罰の危機に直面することになった。「経営一族の子女で、もとから横暴ぶりで知られていた」(大韓航空関係者)が、趙氏は搭乗前の夕食でワインを数杯飲んでいたという。飲酒も背景にある暴走が、韓国を代表する航空大手の経営にさらなる打撃を与えつつある。

 趙氏が、自社機内で客室乗務員のナッツの出し方が間違っていると激怒し、客室サービス責任者を降ろして離陸を遅らせた問題で、韓国国土交通省は16日、航空法に違反したとして、同社に対し運航停止または課徴金の行政処分を検討すると明らかにした。

 また、趙氏の乗務員らに対する暴言などが確認されたとして航空保安法違反の疑いで検察に告発すると発表。趙氏は、同法違反や業務妨害などの疑いで捜査しているソウル西部地検に17日に出頭、取り調べを受ける。

 朝鮮日報によると、趙氏は国土交通省の事情聴取に「搭乗前に夕食をとったとき、知人たちと一緒にワイン1本をあけ、2杯ほど飲んだ」と供述したという。

 ワインが横暴に拍車をかけたとしたら、この代償、かなり高くつきそうだ。聯合ニュースは、問題が起きた米ニューヨーク−韓国・仁川間の路線で最大31日間の運航停止、または21億6000万ウォン(約2億3200万円)の課徴金が検討されていると伝えた。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。